Opening Hours:Monday To Saturday - 8am To 9pm

おしゃれで効率的なオフィスレイアウト

おしゃれなオフィスレイアウトへのステップ

仕事の効率を上げていくためには、働きやすい職場環境を整備することが大切です、そのため、各企業では作業のための導線を意識したオフィスレイアウトに知恵を注いできました。例えば、移動する距離を少なくするため、デスク間の距離を縮めたり、コピー機やプリンターの位置を変えるといった、物理的な改善を行いましたが、一定の効果は得られたものの、殺風景な職場となってしまい、そこで働く人々のモチベーションを向上させるには至らなかったのが実情です。特に女性の多いオフィスは、そういった傾向が顕著でしたから、さらに踏み込んで作業効率は維持しつつ、働く人々のモチベーションを向上させるオフィスレイアウトを取り入れることがトレンドとなっています。つまり、おしゃれなオフィスレイアウトを検討、導入するようになってきたのです。

まず、効率的なオフィスレイアウトを検討しましょう

いくらおしゃれなオフィスレイアウトでも、使い勝手が悪ければ意味がありません。基本は誰もが使いやすい効率的に仕事を進めることですから、まず、導線を確保した基本レイアウトを決めることが第一のステップになります。具体的には、まず社員のデスクの配置パターンを定めます。社員間で情報を共有することが多い部署では、向かい合わせが適していますが、終始パソコンに向かって作業に没頭する部署であれば、学校形式や背中合わせになるような配置が適しています。その上で、社員が共同で使用する、書類棚やコピー機、プリンター類の配置をオフィスの面積や形を考慮して決めていきます。この際、気をつけなければならないのが、パソコン、電話機などの配線や電源の確保です。特に図面上で考えていると、忘れてしまうので、注意が必要です。

おしゃれなオフィスレイアウトとするためのポイントとは

作業や仕事内容を考慮したオフィスレイアウトが決まったら、いよいよおしゃれなレイアウト作りを検討していきます。おしゃれ感を演出するなら、デスクやオフィス家具のデザイン性を重視することが大切ですが、奇抜なデザインや機能性を無視したものは避けるべきです。あくまでも職場ですから、落ち着いた雰囲気のものを選ぶことが大切です。例えば、オフィスではあまり使用されない木製のデスクなどは、視覚的に暖かみを感じるだけでなく、木の香りがリラックス効果を高めてくれます。また、照明については、可能な限り屋外からの遮光を取り入れるように配意するとともに、間接照明を取り入れることによって、目に優しく疲れにくい環境を整えることができます。おしゃれなオフィスレイアウトの基本は視覚的に優しい素材のオフィス家具を選ぶことと、できるだけ屋外から採光し、間接照明を取り入れることで、リラックス効果を高めることが効果的です。