おすすめの効率的オフィスレイアウト

仕事がやりやすく、コミュニケーションが活発な企業は、とても魅力的に見えることでしょう。このような企業は、働いている人によるものだけでなく、効率的なオフィスレイアウトによるところも多いものです。実は、オフィスレイアウトは、働く人の心を動かすだけでなく、企業イメージまで変えてしまう力を持っています。それでも、オフィスレイアウトを整えるには、お金も時間もかかるものです。ですが、企業によって、かけられる費用が違いますので、できることには限りがあることでしょう。効率的なオフィスレイアウトを実現することは難しいことですが、不可能ではありません。こちらでは、なるべく費用をかけずにできるものと、費用をかけても行った方が良いものに分けて考えてみます。

あまり費用をかけずにできるオフィスレイアウト

お金をかけたからと言って、効率的なオフィスレイアウトが実現できるわけではありません。ちょっとした工夫で従業員の満足度を上げるレイアウトを実現できる場合があります。たとえば、部署の配置です。情報収集すると、部署によって来客数に違いがあったり、この部署とあの部署は業務連携することが多いから、近くに配置したほうが動線はスムーズ、などとわかることでしょう。そのような実情に合わせて、配置を変更することができます。また、個人所有の書類や備品、部署で所有していたプリンターなどの機器類を共有化して、共有スペースに配置することも検討できます。こちらのメリットは、機器類を統合できるので、機器のメンテナンス保守料を削減できる点です。部署の共有備品が減るため、パーソナルスペースを広く取ることも可能になります。

費用をかけても行いたいオフィスレイアウト

最近では、オフィスで働く人の満足度を考慮してオフィスレイアウトを変更するケースが増えてきました。実際、個人のパーソナルスペースをどれくらいとれるかにより、満足度が変わってくるという研究成果も出ています。それで、最新型の複合機を用いてペーパーレス化を実現したり、省スペース家具などを利用して、スペースの広さを実感できる環境にすることができます。また、執務エリアには、たくさんの部署があります。あまり自席にいない営業の方々や、管理部門の中でも、書類が比較的多い部署もあれば、作業に集中する時間が多い部署、電話とコンピュータだけで仕事ができる部署もあることでしょう。そのような各部署の実情を調査することで、スペースの配分を変えたり、パーテーションを利用などして、作業に集中できる環境を整えることができます。