効率的なオフィスレイアウトとは

効率的なオフィスレイアウトと聞いてどんなことを思い浮かべるでしょうか?これは、人によって、想像するものが違ってくるかもしれません。いずれにしても、働く人がストレスなく仕事ができ、かつ、ビジネスとして新たなものを想像できる、そういった場所をイメージされるのではないでしょうか?そのような場所を提供できるオフィスレイアウトは、一つの要素だけでは実現不可能と言えます。実に多彩なものが求められます。効率的なオフィスレイアウトに必要なものは、主に、スペースに関するものと、環境に関するものに分けられます。こちらでは、その二つに分けて考えます。効率的なオフィスレイアウトを実現することは、従業員の満足度の向上につながり、ひいては、企業イメージの向上にもつながりますので、重要です。

スペースのレイアウトについて考える

特に、執務エリアに関しては、画一的な考えで机や椅子や備品の配置を行ってきたケースが多くみられます。ですが、執務エリアには様々な部署があり、それぞれの部署により、作業の性質やコミュニケーションの取り方などにも違いがあります。その違いを考慮に入れたオフィスレイアウトとするなら、効率がアップすることでしょう。たとえば、営業の方は、在席率が低いですが、コミュニケーションを密にするために、あえて固定の席を設けず、フリーアドレスにすることで、フレキシブルに動けますし、空いたスペースを別の目的に利用することができます。また、集中した作業が必要になる管理部門では、低めのパーテーションを用いたり、広めのパーソナルスペースを提供することで、作業のストレスを軽減することができます。

環境のレイアウトについて考える

オフィスレイアウトと言うと、パズルのように部署や人員を配置するイメージがあるかと思いますが、その他の点も考慮する必要があります。それが、環境です。環境として重要になってくるものの一つが、音です。音は、全くないのも不自然ですが、最近のオフィス環境では、コンピュータの使用などで、快適な音の環境とは言えなくなっています。音は集中力を欠く原因ともなりますので、素材などで音を吸収するようなものを使用することができます。また、光の問題もあります。やはり、コンピュータの使用で、目の疲れが取れないと訴える方が増えてきました。オフィス全体の光を抑えたり、ディスプレイに光が反射しないように工夫することができます。さらに、働く人のストレスを軽減させるため、観葉植物など、自然の環境を取り入れることも積極的に行うとよいでしょう。